診療案内

診療時間

診療時間

  • ・受付時間は、午前8時30分、午後は15時15分から
  • ・手術は、火・木曜午後

初診の方へ

待ち時間の短縮のため問診表をダウンロードし、記載していただくと待ち時間が短くなります。

問診表のダウンロード

往診のご案内

往診の対象は、寝たきりの患者様や身体上の都合により眼科医療機関を受診できない患者様で目の病気を患っている、 あるいは目の病気になられた場合です。尚、往診は明石西部と神戸市西区に限らせて頂いております。

ページの先頭へ

当院の特徴

当院は、どんなことでも気軽に相談できる、地域に密着した眼科を心掛けております。少しでも目に異常を感じたらすぐにご相談ください。

院長の得意な領域

白内障、糖尿病網膜症、加齢性黄斑変性症、網膜静脈閉塞症、網膜剥離、ブドウ膜炎などの網膜疾患、緑内障などを得意としています。 特に入院不要の日帰り手術(白内障、硝子体、緑内障)や、レーザー治療(糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、網膜剥離、加齢性黄斑変性症、緑内障)を専門としています。 詳しくは「手術研究実績」をご覧ください。

当院では総合病院と同等レベルの本格的治療を中心にしておりますが、 他の眼科のようにドライアイ、小児眼科、結膜炎やものもらい(メバチコ)、 近視、老眼などのメガネ合わせやコンタクトレンズ処方なども対応可能です。

他院と比べての特徴

当院の特徴として、入院不要の「日帰り硝子体手術」があります。当院では小さな切開ですむ極小切開硝子体手術を行っております。

さらに当院では加齢黄斑変性に対しての最新の治療である「抗新生血管抑制治療」も行っています。 また緑内障に対して選択的レーザー線維柱帯形成術(SLT)という特殊なレーザーで眼圧を下げるなどの最先端の治療も積極的に導入しています。


コンタクトレンズ

当院でもほかの眼科と同様にコンタクトレンズをお取り扱いしております。 サンコンタクトと連携してカスタムメイドの特殊なレンズの作成も可能です。

医療機関との連携

また当院から徒歩圏内にCTを有した入院施設をもつ病院があります。 内科と糖尿病などの連携をしています。

ページの先頭へ

白内障

白内障とは

白内障
白内障

人間の眼はカメラによく例えられます。
カメラのレンズ(人間では、水晶体)がすりガラスのように濁ってくるとすっきりと物をみることができません。 この水晶体の濁りを白内障といいます。原因はほとんど老化です。

白内障手術について

  • 白内障手術器械。米製
    最新式白内障手術装置、米製(2017年7月導入
  • 水晶体を超音波で取り除いている
    (出典:財団法人日本眼科学会ホームページ )
    水晶体を超音波で取り除いている

白内障手術はこの水晶体の濁りをとりのぞき眼内レンズという透明なレンズを挿入します。 当院では白内障手術時に折りたたみ式眼内レンズを使用することにより、 手術時の傷口を小さくし、手術後の乱視や感染症の危険を減らします。

白内障手術について

多焦点眼内レンズを用いた白内障手術も行っています(保険適応外)。
多焦点眼内レンズとは遠距離と近距離にピントが合うように設計されており、車の運転と読書のときに眼鏡が基本的に不要になります。多焦点眼内レンズも2週類のタイプがあります。片眼の白内障手術を行った後、問題が無いようならば、もう片眼にも同じタイプのレンズを挿入します。また近くや中間距離がもう少し見えるようにしたいなどのご要望がある場合には、もう片眼には違うタイプの多焦点眼内レンズを挿入したりします。
また手術費用に関しましては、お気軽にご相談ください。

白内障手術への取り組み

複数の手術機械

患者様の立場で考えた場合、まず安全、安心。次に良質な医療の提供。 当院は、滅菌装置も4台有しており、看護師などの有資格者による厳密な滅菌管理をしています。 最先端、最高レベルの白内障手術器械、硝子体手術、手術顕微鏡などを複数とりそろえています。 無停電装置もアメリカ製の最高レベルのものを使用しています。

手術室と滅菌室

  • 無菌状態の手術室
    無菌状態の手術室

大病院と同程度の空気清浄(HEPAフィルター)を用いた無菌状態の手術室を完備しております。


  • 手術顕微鏡(独製)
    手術顕微鏡(独製)
  • 硝子体、白内障器械(米製)
    硝子体、白内障器械(米製)

白内障手術器械3台(そのうち一台は、2017年7月導入)、硝子体手術器械2台、手術顕微鏡2台、眼科専用手術椅子2台(2012年4月導入)など最先端、最高レベルの医療機器を取り揃え、無停電装置もアメリカから取り入れました。


  • 手術滅菌器4台
    手術滅菌器4台

当院では、手術滅菌用の滅菌器を5台装備しています(5台目を2012年9月導入)。手術に用いる器具、器械は可能な限り使い捨てにしています。
使い捨てにできないものは、滅菌レベルの高いオートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)などを使用しています。
大病院と同等の滅菌レベルです。

術前検査器械

光干渉眼軸器械

術後の見え方を左右する眼内レンズを決定するのに最も重要な検査器械として、当院は、2011年1月から最新鋭の光干渉眼軸器械を導入しています。 誤差のより少ない眼軸測定が可能なのと同時に非接触型となりました。
光干渉眼軸器械

角膜形状解析装置

乱視用眼内レンズ、多焦点(遠近)眼内レンズなどを決定したり、レーシック近視矯正後の白内障手術が可能なように2015年3月から、最新の角膜形状解析装置を導入しています。
角膜形状検査装置角膜形状検査装置

当日および術後について

後発白内障後嚢切開術が可能なYAGレーザー
後発白内障後嚢切開術が可能なYAGレーザー

手術後、5分から30分程度休んだのち、眼帯をしたままご帰宅していただきます。翌日、検査および診察にて点眼や生活の注意点の指導を受けます。
その後、2~3日後、1週間後、2週間後、4週間後程度の頻度で診察を行います。 眼の状態が落ち着いてくれば(通常2、3ヶ月)、必要に応じて眼鏡を新しく作成します。
数ヶ月から数年後に水晶体後嚢が混濁する後発白内障が起きれば(約50%の確率)、後発白内障後嚢切開術をYAGレーザーという装置を用いて、数分で行います。
後発白内障後嚢切開術は、当院では、外来で施行可能です。

ページの先頭へ

網膜硝子体疾患

神戸大学病院で網膜外来および黄斑外来を10年以上勤務し、 網膜の世界的権威Stephan J. Ryan教授の南カリフォルニア大学眼科に在籍しました。 神戸大学病院に戻り硝子体手術、網膜剥離手術などの手技を習得しました。
現在においても渡米し最新の網膜硝子体医療の情報交換、情報収集を行っております。
当院では、網膜硝子体の治療は、大学病院と同レベルを目指し、大病院にある網膜疾患検査器械はすべて取り揃えております。
必要に応じて大学病院などの医療施設にも紹介させていただいております。

糖尿病網膜症

近年、患者数の増加が著しい病気の代表に、糖尿病があります。 国内の患者数は約900万人、予備軍を含めると約2000万人以上になります。 眼合併症として一番多い糖尿病網膜症があります(糖尿病の方の約40%!)。
糖尿病網膜症は、眼の奥の網膜という組織(カメラでいうフィルム)の血流が悪くなり、次に虚血になり、放置すると病的な新生血管が生じます。 厄介なことにこの糖尿病網膜症は、かなり進行しないと視力低下などの自覚症状はありません。
手遅れになれば治療は困難で、最悪治療しても失明ということもあります。
当院では、糖尿病専門内科医と連携をしながらあらゆるステージの糖尿病網膜症治療に対応可能です。

院長の記事が神戸新聞に掲載されました。

院長の記事が神戸新聞に掲載されました。

糖尿病網膜症初期

眼科的に異常を認めない時期です。内科的コントロールが治療の主体となりますが、半年から一年に一回は眼科受診を行います。

糖尿病網膜症中期

小さな眼底出血を起こしますが、自覚症状は特にありません。内科的コントロールと眼科的経過観察が主体となります。

糖尿病網膜症後期
糖尿病網膜症後期

網膜に虚血変化と出血を認める

眼底出血が多数になり、網膜の虚血変化が出てきます。
放置すると増殖網膜症(失明に近づく)に進行するため、眼科的には網膜光凝固治療が必要になります。
光凝固は虚血で酸素不足や栄養不足になった網膜組織をレーザー光線で凝固(焼き付け)し、 網膜症の進行を予防するために行います。
網膜光凝固の治療は、外来だけで済ますことができます。
当院では、網膜光凝固の治療に対応可能です。

糖尿病網膜症末期
糖尿病網膜症で新生血管を生じ牽引性網膜剥離が起きている

糖尿病網膜症で新生血管を生じ牽引性網膜剥離が起きている

さらに進行して眼内の至る所に新生血管という新たな血管が生じます。
新生血管は虚血で酸素不足や栄養不足になった眼内組織に栄養を補う目的で生じますが様々な悪影響を目に及ぼします。 併発症の種類はさまざまで硝子体出血が起きたり、眼底に増殖膜が生じたり、 眼底の増殖膜によって牽引性網膜剥離というたちの悪い網膜剥離が生じたり、黄斑症が生じたり、難治な血管新生緑内障が起ったりします。
網膜光凝固による治療はもちろん必要ですが、硝子体手術、緑内障手術などありとあらゆる手術を行っても進行を阻止できないことも多く、 場合によっては、失明いたします。

糖尿病黄斑症

光干渉断層計検査(OCT)による黄斑の浮腫

光干渉断層計検査(OCT)による黄斑の浮腫

早くから視力低下、変視症(ものがゆがんで見える)などの自覚症状が生じるものとして糖尿病黄斑症があります(糖尿病の約10%!)。
黄斑とは網膜組織の最重要な場所ですが、その黄斑が糖尿病によって、浮腫(腫れ、むくみ)を起こします。
一度生じると治療をしても劇的に改善することは難しいのが現状です。
光干渉断層計検査(OCT)にて浮腫の状態の把握が必要です。
治療は抗血管新生薬療法、網膜光凝固や硝子体手術などがあります。当院は、あらゆる治療が対応可能です。

加齢黄斑変性

光干渉断層計検査(OCT)による黄斑部の新生血管

光干渉断層計検査(OCT)による黄斑部の新生血管

黄斑は網膜の中央部分にある、私たちが物を見るのに最も大切なところです。
加齢性黄斑変性症は、その黄斑部が障害される病気です。
ほうっておくと失明する危険性もあり、欧米諸国では失明原因の第1位を占めています。
日本においても、近年の急激な高齢者人口の増加や生活習慣の欧米化などに伴い、患者数が増加しています。
患者数は男性のほうが多く、年齢が高くなるにつれて増加します。
また、喫煙者に多いことが知られています。
加齢性黄斑変性は、黄斑部に新生血管が生じ、出血やむくみなどにより、中心視力が低下する病気です。
加齢性黄斑変性症では、(見たい物の中心部分がぼやけたり、物がゆがんで見える)などの症状が現れます。
黄斑変性症の治療の目的は、病変の元となる新生血管を退縮させて、視力を回復させることです。

■最近の療法
  1. 1.抗血管新生薬療法
  2. 2.光線力学的療法
  3. 3.レーザー光凝固術

現在最も有効とされる治療は1の抗血管新生薬療法(ルセンティス、アイリーア)です。当院ではあらゆる治療が対応可能です。

■(抗VEGF療法)(ルセンティス、アイリーア)とは

抗血管新生薬治療(抗VEGF療法)は加齢黄斑変性の治療に主に用いられます。
ルセンティスやアイリーアという薬剤を直接眼内に注入して新生血管を退縮させ病変を改善させる治療です。導入期では月1回、白眼の部分から眼の中心の硝子体という場所に向けて注射します。 これを3ヵ月間繰り返します。その後の維持期は、眼の診察や検査で症状をみながら、必要に応じて注射します。 検査は必要に応じて月1回、視力検査と眼底検査、患部の光干渉断層撮影等を行い、病変部の変化および視機能の変化を確認します。

網膜静脈閉塞症

  • 網膜静脈閉塞症による眼底出血

    網膜静脈閉塞症による眼底出血

  • 光干渉断層計検査(OCT)による黄斑部のむくみ

    光干渉断層計検査(OCT)による黄斑部のむくみ

網膜血管には動脈と静脈があります。 網膜静脈閉塞症は、 動脈硬化や高血圧のある人に起りやすく、網膜の静脈が詰まって出血を起こす病気です。 治療は閉塞した部位に網膜光凝固というレーザーを行い、新生血管という悪い血管が生じないようする必要があります。 また黄斑部に出血や浮腫が強い場合は、硝子体手術や(抗VEGF療法)(ルセンティス、アイリーア)を行ったりする場合があります。当院は、あらゆる治療が対応可能です。

黄斑前膜

光干渉断層計検査(OCT)による網膜前膜

光干渉断層計検査(OCT)による黄斑前膜

黄斑(物をみる網膜というカメラでいうフィルムの一番大事な場所)の上に余計な膜が張る病気です。
自覚症状は、物が歪んで見えたり視力が低下してきます。
光干渉断層計検査(OCT)が診断、治療には必須です。
治療は硝子体手術を行います。
当院は、診断および硝子体手術治療が可能です。

黄斑円孔

光干渉断層計検査(OCT)による黄斑円孔

光干渉断層計検査(OCT)による黄斑円孔

黄斑(物をみる網膜というカメラでいうフィルムの一番大事な場所)に穴が開く病気です。
黄斑に穴が開くと視力低下が起きたり、ものが歪んで見えます。
治療は硝子体手術を行い、眼内にガスを注入します。
眼内にガスを注入するため、患者さんには術後3日くらいのうつ伏せ姿勢が必要となります。
当院は、診断および硝子体手術治療が可能です。
ただ患者様の病状によっては、入院のある施設を勧めさせていただいております。

網膜剥離

  • 網膜剥離を認める

    網膜剥離を認める

  • 網膜剥離の手術で使用する器械

    網膜剥離の手術で使用する器械

網膜に穴(裂孔)があき、硝子体中の水分がその穴から網膜のうしろに廻り込んで網膜が剥がれてくる病気です。 放置すれば失明することになります。 治療は原則として手術が必要です。初期の場合は裂孔の周りをレーザー治療し、悪化を防ぐことも可能です。 手術の場合はバックル手術という網膜復位術か硝子体手術を行います。当院は、診断および硝子体手術、バックル手術が可能です。 ただ患者様の病状によっては、入院施設を勧めさせていただいております。

硝子体出血

硝子体出血

硝子体出血で眼底が見えない

硝子体出血のほとんどは網膜血管からの出血が拡散したものです。
硝子体中に出血が拡散すると光が網膜に届かず、視力低下をきたします。
出血が数週間で吸収されることもありますが、 何ヶ月も吸収されないと硝子体手術となります。
出血の原因には糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、網膜裂孔などあります。
硝子体手術を行って出血を取り除き、原因疾患の治療をします。
当院は硝子体手術が可能です。ただ患者様の病状によっては、入院施設を勧めさせていただいております。

硝子体手術

硝子体手術
硝子体手術器械(米製)

硝子体手術は、眼の奥(網膜、硝子体)に生じる病気に対して行われる手術です。
当院では極小切開硝子体手術を行っております。
従来の硝子体手術と比較し、術後の不快感軽減、術後の視力回復短縮などが可能になりました。
また、病状によっては入院をせずに日帰りでの硝子体手術を行っています。ただ患者様の病状によっては、入院施設を勧めさせていただいております。

ページの先頭へ

緑内障

緑内障とは

緑内障説明図
(出典:財団法人日本眼科学会ホームページ )

房水という水が目の中を循環しています。 房水は目の組織に栄養を与える役割があり、主に線維柱帯という部分から眼の外に出て行きます。 何らかの原因で房水の排出が妨げられると眼圧が上昇します。 眼球の後ろにある視神経は眼圧が上昇すると圧迫され、視神経の数が減ってしまい、視野がだんだんかけてきます。 これが緑内障です。緑内障でも患者様に最も多いタイプの開放隅角緑内障は、長い年月をかけてすこしずつ進行していきます。 そのため、初期の状態ではなかなか気づきません。

現時点では、緑内障の進行を阻止するために有効な治療は、眼圧を下げることとなります。 一般的には、まず点眼による眼圧下降を行います。

  • 緑内障初期の見え方
    緑内障初期の見え方
  • 緑内障中期の見え方
    緑内障中期の見え方
  • 緑内障末期の見え方
    緑内障末期の見え方

緑内障の分類

緑内障は、いくつかのタイプに分けられます。
それぞれ房水が流れにくくなった原因や場所が異なるため、治療法も異なります。 緑内障のタイプにあった治療を選択することが大切です。

開放隅角緑内障

開放隅角緑内障では、房水の出口(隅角)の形状は正常ですが、排水口が目詰まりして流れにくくなり、眼圧が上がるタイプです。 多くの場合、自覚症状の無いまま、徐々に見える範囲が狭くなってきます。 正常眼圧緑内障は広い意味でこの型に含まれます。 まず点眼薬を使いますが、眼圧が十分に下がらない場合は、特殊なレーザー治療や外科的手術が必要です。

閉塞隅角緑内障
  • 閉塞隅角緑内障に虹彩レーザーを行った。
    閉塞隅角緑内障に虹彩レーザーを行った。

閉塞隅角緑内障では、房水の出口(隅角)がもともと狭く、虹彩の根元で閉塞されるために眼圧が上がります。 放置すると眼痛や頭痛、嘔気・嘔吐を伴う急性緑内障発作という状態になります。 閉塞隅角緑内障では、レーザーや白内障手術を行います。 特に白内障手術(緑内障手術ではありません。白内障手術です。)を行うと隅角が広くなり、 緑内障発作を起こす危険がなくなることがあります。 当院では、患者様の状態を考慮の上最適な治療を選択いたします。

続発緑内障

続発緑内障では、眼圧上昇の原因となる疾患の治療を行いながら、目薬で眼圧を下げます。

緑内障の薬物治療

緑内障の点眼薬にはいくつかの種類があります。 眼圧レベルや緑内障のタイプ、視野の進行度によって、薬を組み合わせて使用します。 通常、1種類の点眼から初めて、効果がない場合は薬を変更したり、2種類、3種類の薬を併せて使用します。 それでも効果がない場合は、レーザー治療や外科的手術療法が必要です。

緑内障のレーザー手術

緑内障は、タイプにあった治療を選択することが大切です。

開放隅角緑内障のレーザー治療

選択的レーザー線維柱帯形成術(SLT)

選択的レーザー線維柱帯形成術(SLT) (2011年11月導入)。
眼の中に流れている水(房水)、は、虹彩(いわゆる茶目)の根元にある隅角の線維柱帯という場所を通って眼外に排出されます。 選択的レーザー線維柱帯形成術は、 特殊なレーザーで眼内の水(房水)の流出路である線維柱帯で水の流出の抵抗となっている色素細胞をレーザーで処理し、 房水の流出を改善し眼圧を下げます。

 
・SLT(選択的レーザー線維柱帯形成術)の対象の方は?

眼圧が高い方に特に効果的です。しかし、眼圧が高くない正常眼圧緑内障の方も対象です。
SLTには副作用がほとんどないため、様々な人にSLTによる治療が可能であり、ときには初期治療として行われる場合もあります。

  1. 1.眼圧が高い方
  2. 2.正常眼圧緑内障でも眼圧を下げる必要がある方
  3. 3.緑内障の点眼による副作用で困っている方
  4. 4.妊娠・授乳中で点眼治療ができない女性の方
  5. 5.仕事などが不規則なため複数の点眼治療が困難な方
  6. 6.点眼を忘れてしまうことが多い方、毎日点眼することがつらい方

また、眼圧下降効果が薄れた場合は再びレーザー治療を行うことが可能です。

・SLT(選択的レーザー線維柱帯形成術)の効果・目的
緑内障治療の点眼の数も影響ありますが、奏功した場合の眼圧下降幅は約2~6mmHgとされ、眼圧下降が成功するのは約60−80%です。
毎日していた点眼の数を減らしたり、視野の悪化を抑制したり、手術を避けたりすることを目的としています。
・SLT(選択的レーザー線維柱帯形成術)の副作用
起こりうる合併症として、虹彩炎、眼圧上昇などがありますが、一時的なものでほとんど問題になりません。
また、SLT後でも点眼治療や手術治療への影響もありません。
緑内障の外科的治療

根詰まりを起こした房水の排水口を部分的に取り除いたり、切り込みをいれたりして、房水の流れをよくする方法です。
当院でも施行可能です。ただ患者様の病状によっては、入院施設を勧めさせていただいております。

緑内障検査

緑内障で大事な検査に眼圧検査、眼底検査、光干渉断層計検査(OCT)、視野検査などがあります。
直接目の表面(角膜)に器具を接触させて測定する方法と 目の表面(角膜)に空気をあてて測定する方法があります。

検査室での検査
  • 非接触眼圧測定装置

  • 光干渉断層計(OCT)

    光干渉断層計検査(OCT)

検査室では、空気をあてて測定する非接触型の眼圧測定を行います。 異常があれば診察室での接触型での眼圧となります。緑内障では、 視野検査で異常が出る前から網膜神経繊維層の異常がでることが分かっており、 光干渉断層計検査(OCT)(2014年2月に最新機種に更新)という最新の器械により緑内障の早期診断が可能となりました。 (視野検査のように時間もかからず、10秒前後で測定可能です。)

診察室
緑内障の眼底視神経乳頭の中央部が凹み、白くなっている

緑内障の眼底視神経乳頭の中央部が凹み、白くなっている

診察室での眼底検査では、視神経の状態を検査します。 緑内障では視神経乳頭の凹みが大きくなり(視神経乳頭陥凹拡大)、視神経が死んでしまうとこの部分がえぐれてきます。

暗室での視野検査

見える範囲や見えない部分(暗点)を精密に検査します。緑内障の進行度を調べるためには欠かせない検査です。
以下の3つの機器を使って視野検査を行います。

ハンフリー視野計
自動視野計ハンフリー自動視野計ハンフリー

内蔵されているコンピューターが検査しますので、客観的に視野を捉えることができ、結果を統計的に判断することが可能です。
当院のハンフリー視野計は、大学病院などの大病院と同じ機種を使用しています。
2016年5月導入

ゴールドマン視野系
ゴールドマン視野系

周辺の視野まで含み、視野全体の形を調べます。 コンピューター制御のハンフリー視野計などでの測定が困難な方などの視野を測定します。

ページの先頭へ

対応可能な手術

  • 白内障
  • 後発白内障
  • 緑内障
  • 糖尿病網膜症
  • 加齢性黄斑変性症
  • 網膜静脈閉塞症
  • 硝子体出血
  • 網膜剥離
  • ・斜視(成人に限る)
  • ・ドライアイ
  • ・眼瞼疾患(めばちこ、逆まつげ、眼瞼腫瘍)
  • ・涙器疾患(逆涙など)
  • ・翼状片
  • ・結膜弛緩症

(平成24年度)
・白内障
・網膜硝子体、緑内障
・涙器疾患
・眼瞼疾患

その他、翼状片、斜視なども行っております。